結婚指輪
結婚指輪
結婚指輪
Arrow
Arrow
ArrowArrow

サムシング•オールド

ヨーロッパには「サムシングフォー(4つのなにか)」と呼ばれる結婚にちなんだ古い言い伝えがあるのをご存知ですか。サムシングフォーとは、花嫁が結婚式で4つのアイテムを身につけると幸せになれるという言い伝えのことです。

以下の4つがサムシングす。

Something Blue(サムシングブルー)

なにかひとつ青いもの

純潔を表すブルーを目立たないところに身につけて

青は聖母マリアのシンボルカラーで、「純潔」を表しています。あまり目立つ場所ではなく、目立たない場所に青を取り入れるのが良いとされています。ブーケや下着などに青を入れるのが一般的です。

•Something New(サムシングニュー)

なにかひとつ新しいもの

新生活へ、新しい一歩を踏み出すために、靴や手袋を新調します。

これから結婚する花嫁は、「サムシングニュー」、つまり、新しいウエディングドレスや手袋、靴など「新しいもの」を身に着けると幸せになれると言われています。

•Something Old(サムシングオールド)

なにかひとつ古いもの

経済的な豊かさを願って、母や祖母から宝石を受け継ぎます。

「何か古いもの」を意味するサムシングオールドでは祖母や母親が使った結婚衣装や婚約指輪、ネックレスなど、先祖が使ったものを大切にすると幸せになれるという意味合いがこもっています。

•Something Borrowed(サムシングボロー)

なにかひとつ借りたもの

幸せな生活を送っている先輩方にあやかり愛用品を借ります。

サムシングボローは幸せな結婚生活を送っている人に何かを借りると幸せのおすそわけになるという意味合いが込められています。なお、欧米では友人にベールを借りるのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です